特許出願・特許申請・国際特許・特許戦略・知財コンサルティング 神奈川県 鎌倉市の特許事務所

特許出願・特許申請・国際特許・特許戦略・知財コンサルティング
神奈川県 鎌倉市の特許事務所

横浜市の特許

横浜のアイデアと技術を守り、事業を育てます。

横浜の特許出願は、
横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員歴任の弁理士、
将星国際特許事務所へ

横浜のアイデア・技術を活かした事業展開をお考えの方を、
親切・丁寧にサポートさせていただきます。

まずは一度、知的財産の専門家、
横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員歴任の弁理士にご相談ください。

将星国際特許事務所では、横浜市内の事業者様を対象に、無料相談を承っております。

電話、HPよりお気軽にお問い合わせください。

横浜市で特許の取得・活用をお考えの事業者様へ

私たちは、中小企業・小規模事業者に特化した特許事務所として、横浜で特許を取得・活用する企業を支援しています。事業においては、特許を取得すること自体が目的ではなく、特許を取得・活用することで最終的に事業の利益を向上させることが目指すべき本来の目的です。

弁理士 渡部 仁が事業者の皆さまに宛てたメッセージです。特許の取得・活用を始めるにあたって大切なことをお伝えします。

横浜市での講演の実績

2015年11月
関東経済産業局・特許庁・横浜市主催の知的財産セミナーにて講演「商標活用によるブランド戦略~地域でブランドを育てる企業の取り組み~」を開催
講演の報告はこちらからご覧になれます。

横浜市での活動の実績

2011年 7月
横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員に就任
2012年 2月
テクニカルショウヨコハマ2012相談員に就任
2012年 7月
横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第2期)に就任
2013年 2月
テクニカルショウヨコハマ2013相談員に就任
2013年 7月
横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第3期)に就任
2013年 9月
横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第4期)に就任
2014年 2月
テクニカルショウヨコハマ2014相談員に就任
2014年 7月
横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任
2015年 2月
テクニカルショウヨコハマ2015相談員に就任
2015年 2月
テクニカルショウヨコハマ2015知的財産セミナー実行委員に就任
2015年 8月
横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第6期)に就任
2016年 2月
テクニカルショウヨコハマ2016知的財産セミナー実行委員に就任
2016年 7月
横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第7期)に就任
2016年 8月
横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第8期)に就任
2017年 2月
テクニカルショウヨコハマ2017知的財産セミナー実行委員に就任

当事務所へのアクセス

最寄りの駅をクリックしてください。当事務所までのルート案内が表示されます。

JR 東海道線・横須賀線

JR 京浜東北線

JR 横浜線

京浜急行線

シーサイドライン

東急東横線

相鉄線

ブルーライン

東急田園都市線

横浜市トピックス

神奈川県発明協会で知財専門相談を開催

2017年06月01日

横浜市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

私が担当する知財総合支援窓口の知財専門相談について6月開催のご案内です。

引用:知財総合支援臨時窓口@神奈川県発明協会

神奈川県発明協会では、特許や商標登録などの知的財産に関する相談窓口を開設します。中小企業等の知的財産に関する悩みや課題などを一元的に受け付け、知的財産に携わる弁理士や弁護士をはじめ様々な専門家や他の中小企業支援機関と協働して、その場で解決を図るワンストップサービスを無料で提供しています。

日時:2017年6月平日 9:00~17:00

会場:神奈川県発明協会(横浜市中区尾上町5-80 中小企業センタービル4階)

費用:無料

申込方法:TEL:045-306-5011

知財総合支援窓口は、中小企業に対し知的財産に関する支援を行う窓口です。
窓口支援担当者が最初のご相談を受け、専門性が高いと判断した場合に弁理士や弁護士が対応するようになっています。
私は、2017年6月は第2木曜日13:30~16:00に、知財専門家として支援を行っています。
特許や商標登録のことでちょっと分からないことがありましたら、お気軽にご利用ください。分かりやすく丁寧に対応します。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


神奈川県発明協会で知財専門相談を開催

2017年04月01日

横浜市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

私が担当する知財総合支援窓口の知財専門相談について4月開催のご案内です。

引用:知財総合支援臨時窓口@神奈川県発明協会

神奈川県発明協会では、特許や商標登録などの知的財産に関する相談窓口を開設します。中小企業等の知的財産に関する悩みや課題などを一元的に受け付け、知的財産に携わる弁理士や弁護士をはじめ様々な専門家や他の中小企業支援機関と協働して、その場で解決を図るワンストップサービスを無料で提供しています。

日時:2017年4月平日 8:30~12:00、13:00~17:15

会場:神奈川県発明協会(横浜市中区尾上町5-80 中小企業センタービル4階)

費用:無料

申込方法:TEL:045-306-9566

知財総合支援窓口は、中小企業に対し知的財産に関する支援を行う窓口です。
窓口支援担当者が最初のご相談を受け、専門性が高いと判断した場合に弁理士や弁護士が対応するようになっています。
私は、2017年4月は第2木曜日13:30~16:00に、知財専門家として支援を行っています。
特許や商標登録のことでちょっと分からないことがありましたら、お気軽にご利用ください。分かりやすく丁寧に対応します。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


【3/10】ものづくり企業向け「IoTによる現場改善セミナー」を開催

2017年02月16日

横浜市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

引用:【3/10】ものづくり企業向け「IoTによる現場改善セミナー」を開催します。 - What's New (技術課題を解決したい)

IoT(Internet of Things、モノのインターネット)時代に世界が変貌していく中で、企業規模の大小を問わず、製造業のIoTへの対応は待ったなしの状況です。
本セミナーでは、製造業におけるIoT技術の基礎からその活用方法までの解説と、生産現場での事例をもとに「IoTを活用してどのように現場改善を図るか」を演習を通じて学んでいきます。IoT導入・推進への第一歩としてご活用下さい。

詳細はこちら
開催日:2017/03/10 13:00 ~ 17:00
会場:(公財)横浜企業経営支援財団 大会議室(横浜メディア・ビジネスセンター7F) 
アクセスマップ
対象:横浜市内に事業所を有する中小企業で、次のような課題をお持ちの方 
・IoTの活用で製造現場を改善したい 
・生産現場でのIoT活用方法を学びたい 
・IoTで業務改善をしたい など
参加費:無料
主催:横浜市経済局ものづくり支援課
お問い合わせ 
運営事務局:公益財団法人横浜企業経営支援財団 経営支援部 技術支援課 
電話 045-225-3733 メールgijyutsu@idec.or.jp

横浜市は市域全体を活用したIoT推進プラットフォームを構築する予定があるということで、IoTの推進事業に力を入れています。
中小企業だから関係ないではなくて、中小企業だからこそIoTの導入により大幅に改善できるポイントもあります。
ぜひ早い段階から、積極的にご検討ください。

また特許の取得をお考えであれば、リリース前に出願しておくことをお勧めします。
特許は公知になってしまうと取得ができなくなりますので、リリースの内容によっては特許を取得できないことがあります。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


【2/27 SEC特別セミナー】インダストリー4.0で創る横浜のイノベーションを開催

2017年02月14日

横浜市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

引用:【2/27 SEC特別セミナー】インダストリー4.0で創る横浜のイノベーションを開催します! - What's New (技術課題を解決したい)

IoTの進展により、様々な製品・サービスがネットワークにつながっていく中で、いかに安全性を確保するか、円滑に情報を共有するかが、新たなソリューションを生み出すカギとなっています。
本セミナーでは、日本とドイツにおけるIoTによるビジネスモデル変革に向けた取り組みを紹介し、そのために必要となるITアプローチについて考察します。
また、横浜市は市域全体を活用したIoT推進プラットフォームを構築する予定であり、本セミナーでは合わせて横浜市の取り組みについても紹介します。

詳細・参加申込みはこちら

■共催
独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
横浜市経済局
公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)

■後援
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(ITCA)

■開催日時
2017年2月27日(月)13:00~17:30

■開催場所
〒231-0021
横浜市中区日本大通11番地
横浜情報文化センター6F 情文ホール (アクセスマップ

■定員
240名

■参加費
無料

川崎市に続いて横浜市のIoTセミナーのお知らせです。
各自治体がIoT導入のために力を注いでいるのが分かります。
IoT等の技術の導入は、他社に先んじて早く取り組んだ会社にメリットが大きいので、導入を急ぐよう促しています。
IoT特許についてもしかり。早めに広い特許を取得することで、利益を独占したり、今後のビジネスを有利に進めることができるのです。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


神奈川県発明協会で知財専門相談を開催

2017年02月01日

横浜市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

私が担当する知財総合支援窓口の知財専門相談について2月開催のご案内です。

引用:知財総合支援臨時窓口@神奈川県発明協会

神奈川県発明協会では、特許や商標登録などの知的財産に関する相談窓口を開設します。中小企業等の知的財産に関する悩みや課題などを一元的に受け付け、知的財産に携わる弁理士や弁護士をはじめ様々な専門家や他の中小企業支援機関と協働して、その場で解決を図るワンストップサービスを無料で提供しています。

日時:2017年2月平日 8:30~12:00、13:00~17:15

会場:神奈川県発明協会(横浜市中区尾上町5-80 中小企業センタービル4階)

費用:無料

申込方法:TEL:045-306-9566

知財総合支援窓口は、中小企業に対し知的財産に関する支援を行う窓口です。
窓口支援担当者が最初のご相談を受け、専門性が高いと判断した場合に弁理士や弁護士が対応するようになっています。
私は、2017年2月は第2木曜日13:30~16:00に、知財専門家として支援を行っています。
特許や商標登録のことでちょっと分からないことがありましたら、お気軽にご利用ください。分かりやすく丁寧に対応します。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたら、当事務所でもご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
専門性の高いご相談も知財専門家の弁理士が対応します。
お問い合わせは、こちらから。


中小企業の新しい戦略~知財を将来性や事業性の判断に活かす~

2017年01月27日

横浜市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

引用:中小企業の新しい戦略~知財を将来性や事業性の判断に活かす~

知的財産を金融資産として取引に利用する中小企業の新しい戦略をテーマに、中小企業の知財活動はどうあるべきかを考え、金融機関が利用しやすい知財評価の将来についてについてご紹介します。

日時:2017年2月3日(金)

会場:パシフィコ横浜 展示ホール2階 E204会議室

主催:日本弁理士会 関東支部

共催:横浜市

後援:神奈川県、(公財)神奈川県産業振興センター

協力:(一社)神奈川県発明協会

定員:70名

参加費:無料

申込方法:こちらからお申し込みください。

私が所属する弁理士会関東支部神奈川委員会が主催する知的財産セミナーです。
本セミナーでは、「知財金融促進事業」を国(特許庁)の委託を受けて行っている三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社の上野氏がこの事業について説明します。また、知的財産の専門家である弁理士が、知財とは何かを説明するとともに、ディスカッション形式で、そのような国の取り組みの中で中小企業の知財活動はどうあるべきかを考え、金融機関が利用しやすい知財評価の将来について考えていきます。

中小企業の新しい知財戦略についてご興味のある方はぜひご参加ください。
また、テクニカルショウヨコハマ展示会ブースにおいて、弁理士による無料相談会も同時開催しますので、これを機会に、特許、実用新案、意匠、商標、著作権など知的財産に関することは何でもご相談ください。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


【 2/10開催】「 開放特許活用講演会・マッチング会」(富士通・パナソニック)開催

2017年01月24日

横浜市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

引用:【 2/10開催】「 開放特許活用講演会・マッチング会」(富士通株式会社・パナソニック株式会社)開催について

本会では、皆様に知財について身近に感じて頂きたいと考え、知的財産権制度の概要及び活用事例・関連支援策についての講演と具体的に大手企業が持つ開放特許を、横浜市内及び近隣地域企業様へご紹介、マッチング機会の提供を行います。
皆様ぜひご参加ください。

日 時:平成29年 2月10日 (金)

プログラム:
第1部13:00~14:00 講演 「知的財産権制度の概要・活用事例及び中小企業向け関連支援策について」
第2部14:10~15:00 富士通株式会社の開放特許シーズ紹介
第3部15:10~16:00 パナソニック株式会社の開放特許シーズ紹介
第4部16:00~17:30 知財個別マッチング会

開放特許とは、ある企業が持っている特許技術を、自分以外にも実施することを許してもよいという特許です。
誰でも自由に使って良いわけではなく、権利者の許諾を得る=ライセンス契約を経て使用が許可されます。

中小企業はこうした開放特許を効果的に使うことで、開発費や開発期間を圧縮することができます。
また、応用技術を開発することで、下請けからの脱却をはかるといったことも考えられます。

知的財産に関する情報をうまく活用し、会社の収益向上をはかりましょう。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


「理科戦隊ハッケンジャーin横浜」(横浜市次世代育成事業)

2017年01月18日

横浜市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

引用:「理科戦隊ハッケンジャーin横浜」(横浜市次世代育成事業)

◆自動改札の謎を解き明かせ!光の謎を解き明かせ!

「理科戦隊ハッケンジャーin横浜」

横浜市次世代育成事業の参加者募集

(第64回応用物理学会春季学術講演会 次世代育成事業)(2017年2月27日(月曜)締切)

日時:2017年3月11日(土曜)13:00~16:00

対象: 小学生・中学生[横浜市内在住及び在学]

※保護者同伴可、児童・生徒1名につき1名まで。

定員: 150名[お申込多数の場合は抽選]

参加費: 無料

子どもの頃に、「なぜ・なに?」と感じその謎を解き明かす体験することは、物事を探求し解明する力を養う礎になります。
将来新しい発明をし特許を取るような、理科好きな人材を育てるためにも、このようなイベントはどんどん開催していただきたいですね。
対象の方は、ぜひ親子でふるってご参加ください。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


「平成27年度 横浜IoTフォーラム」~IoT時代のサイバーセキュリティ~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

自動車、家電、ロボット、施設などあらゆるモノがインターネットにつながり、情報のやり取りをし、新たな付加価値を生み出すといわれるIoTに対する注目が高まっています。
しかし、その一方でIoTの普及に伴い、通信の安全性を担保するためのサイバーセキュリティの確保が急務になっています。そこで、この分野の第一人者として御活躍されている方々を講師にお招きし、IoT時代の到来に伴うサイバーセキュリティの重要性についてお話しいただきます。是非ご来場ください。

■  日 時 :  平成28年2月15日(月) 13:30~17:15 (13:15開場)

■ 会場 :   情文ホール (横浜情報文化センター6F)

■ 主催 :  横浜エンベデッドコンソーシアム、横浜経済局

■  共催 :  一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会

■ 後援 :   独立行政法人情報処理推進機構 (予定)

■ 対象 :  IT企業(組み込み技術・半導体関連企業)等(定員100名先着順)

■ 費用 : 無料

■  開催内容 :

(1) 13時30分~13時40分 開会挨拶
横浜市経済局 成長産業振興課長 高橋 功

(2) 13時40分~14時40分 基調講演1(60分)
「IoT社会のセキュリティ」
講師:独立行政法人情報処理推進機構 技術ラボラトリー 主任 中野 学 様

(3) 14時50分~15時50分 基調講演2(60分)
「車両セキュリティ/IoT機器セキュリティ~セキュアエレメントを活用したシステム保護技術~」
講師:KDDI株式会社 プロダクト企画2部 マネージャ 竹森 敬祐 様

(4) 16時00分~17時00分 パネルディスカッション(60分)
「IoT時代のサイバーセキュリティ事例紹介等(仮)」
登壇者:独立行政法人情報処理推進機構 技術ラボラトリー 主任 中野 学 様
KDDI株式会社 プロダクト企画2部 マネージャ 竹森 敬祐 様
ボッシュ株式会社 テクニカルセンター 自動車システム統合部 部長 越智 純一 様
モデレータ:横浜エンベデッドコンソーシアム 兼平 靖夫 氏

(5) 17時00分~17時15分 閉会

■ お問い合わせ先: 横浜市経済局 成長振興課 土屋・落合  Tel 045-671-3487

https://www.kia.or.jp/MAKE_JIMU/doc/event_detail/4873.html

 

横浜商工会議所共催セミナー 技術マッチング「オープンイノベーション」
~今こそ 貴社の技術力を売り込むチャンス!!~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

現在は、グローバル化やニーズの多様化が進み、開発スピードを上げる時代が来ています。
日本の大企業や中堅企業も、「自前主義」ではなく広く技術ニーズやウオンツを紹介し、中小企業が持
つ「力」や「強み」を求めるオープンイノベーションを強く望んでいます。基調講演では、国のオープンイノベーション政策について、また各社からは要求技術などのシーズ紹介について説明いただく予定です。貴社の技術力を売り込む絶好の機会ですので、是非、ご参加くださいますようご案内いたします。

■ 日 時   : 平成28年2月23日(火) 13:00~17:00

■ 開 場   : 横浜シンポジア 議場 (中区山下町2 産業貿易センタービル9F)

■ 参加費   : 無料

■ 開催内容 :

【基調講演】
「地域イノベーションとオープンイノベーション政策」について
 経済産業省 産業技術環境局 技術政策企画室長 竹上 嗣郎 氏

【事 例】
1 .「大阪ガス㈱」におけるオープンイノベーションとニーズ・技術分野紹介
  大阪ガス㈱ 技術戦略オープンイノベーション室 大倉 良一氏

2 .「㈱大気社」のオープンイノベーション要求技術内容・分野の紹介
  ㈱大気社 環境システム事業部技術開発センター 笹尾 博行氏

3. 「よこはまティーエルオー㈱」におけるオープンイノベーション支援とシーズ紹介
  よこはまティーエルオー㈱ 代表取締役社長 井上 誠一氏

■ 共 催   : 横浜商工会議所、日本技術士会神奈川県支部(地域産業活性化研究会)主催

           神奈川県商工会議所連合会後援

■ 申込締切 : 平成28年2月12日(金)

■ 問合せ先 : 横浜商工会議所中小企業相談部 運営企画担当 TEL:045-671-7459
 

http://www.yokohama-cci.or.jp/news/%E9%96%8B%E5%82%AC%E6%A1%88%E5%86%85.pdf

 

成長分野×データ活用ビジネスセミナー~データ活用によるまちづくりのイノベーション~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

横浜市では、オープンデータを利活用した新たなビジネス・サービスの創出や、市内経済の活性化に向けて、「オープンデータ活用ビジネス化支援事業」を実施しています。このたび、介護等福祉分野の情報を集約・統計情報化し、介護業界と他業界とのハブとなって介護サービスの合理化・適正化を促進している、   株式会社ウェルモの鹿野佑介氏をお招きして「介護事業におけるオープンデータ活用」についてお話しいただきます。また、市内の取組事 例紹介やパネルディスカッションを行い、健康・医療分野におけるオープンデータやビッグデータの利活用の可能性を探ります。是非取材にお越しください。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h27/20151026113135.html

 

中小企業新技術・新製品開発促進助成金交付対象事業の決定

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

横浜市では、中小企業が積極的に新技術・新製品開発に取り組めるように研究開発経費を助成する「中小企業新技術・新製品開発促進助成」を実施しています。このたび、有識者から成る審査会を経て助成金交付対象事業が決定しました。36件の申請に対し、24件の事業計画を助成金交付対象と決定し、今後合計で約1億2千万円の助成金を交付する予定です。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/list-h27sbir.html

 

産学交流サロン「モノづくりの新局面!こんなロボット、こんな3Dプリンタがあった!?」

ぬいぐるみ型癒しロボット"と"A4コピー用紙を使う3Dプリンタ" 私たちは「ロボット=硬い」という先入観をもっているかもしれません。しかし今回の東工大発「ぬいぐるみ型癒しロボット」は、"芯まで柔らかい"癒しロボットです。その素材や駆動機構はどうなっているのか、わかりやすく講演頂きます。 かわいいクマのぬいぐるみロボットの動画や実物のデモもあります。

もう1件は、アイルランド製のユニークな3Dプリンタを扱っている企業から、「A4コピー用紙を材料としたエコで安全な3Dプリンタ」の原理から応用までを、動画なども使って、わかり易く説明頂きます。 紙製とは信じられない様々なサンプルを展示頂きます。本格的な3Dスキャナーのご紹介も有りますので、是非、ご期待ください。

開催日時 :  平成27年8月28日(金)15:00~18:00(交流会 17:00~)

会     場  :   横浜企業経営支援財団 大会議室

                 (横浜市中区太田町2-23 横浜メディアビジネスセンター7階)

参加費    :   市内企業1,000円/1名、市外企業2,000円/1名

http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=702

 

産学交流サロン「小さな泡の巨大なちから~ファインバブルが未来の扉を切り拓く~」

ファインバブル”で、工業/環境/エネルギー/医療分野等にイノベーションを!
 「ファインバブル(極微細気泡)」ついては、近年、注目を集め、種々の応用面で多くの効果が認められています。しかし一方、望んだ結果が得られないという事例も散見され、技術や装置の供給側と需要側双方の適切なマッチング等、新産業としての期待に応えていくにはまだまだ課題があるようです。  今回は大学の2名の研究者と、応用現場でチャレンジングな活動を推進しておられる企業のメンバーからお話しをいただき、「ファインバブル技術が新産業としての地位を確立していくための課題など」について議論します。  ファインバブル装置メーカーだけでなく、ファインバブル活用側の企業の皆様にもご参加いただきたいと思います。

会    期   :  2015年 8月24日(月) 14:30~18:00

会    場   :  KGU関内メディアセンター

問い合わせ  :  (公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)

            経営支援部 技術支援課   TEL:045-225-3733

http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=687

 

IoT Technology 2015/IoT総合技術展  初の開催!

本格的なIoT時代を迎え、人やデータ・モノ・プロセスといったすべてが関連性をもつことで新しいビジネスビジョンが創造され始めました。IoT Technology2015は、その核となる組込みシステムの総合技術展Embedded Technology 2015と連動し、IoTの最新ソリューションを体感できる展示会として展開いたします。

会期 :  2015年 11月18日(水)~20日(金)
       10:00~17:00 ※19日(木)は18:00まで

会場   :  パシフィコ横浜

主催  :  一般社団法人 組み込みシステム技術協会

http://www.jasa.or.jp/iot/top.html

 

 横浜中小企業技術相談事業(技術アドバイザー相談)

 IDECに登録している 「技術アドバイザー」 が、貴社の技術的な課題の相談に応じるとともに、適切なアドバイスを行います。 製造現場でお困りのことや、新製品・新技術開発における技術的な諸問題の解決に、本事業をぜひご活用ください。横浜市の 「中小製造業設備投資等助成」 申請に関する省エネ相談にも対応しています。

 http://www.idec.or.jp/gijutsu/soudan/

 

ハマあきんどネットワーク事業 第4回「地域に愛される商い」セミナー開催します

 横浜市では、個店経営者や創業予定者たちが、各店の魅力アップやスキルアップを目指す中で参加者同士の交流を促進し、地域や業種、商店街の枠を超えた横の繋がりのネットワークを構築して、今後の取組みへ活かしてもらうことを目的とした事業の一環として、中小企業診断士の片岡由美氏の監修のもと、平成26年度は全5回の実施を予定しています。

  開催日時:平成27年1月15日(木)18:30~21:00

  1.講演 「 人を魅きつける店舗ディスプレイ術 」
  2.パネルディスカッション「地域に愛される商い」
  3.交 流 会 (名 刺 交 換 会 ) … 自 由 参 加です。

  開催場所: 横浜市開港記念会館2階 6号室

  定  員 : 50名(申込先着順)】

  対象者 : 商店主、事業主、創業希望者・予定者

  ※可能な方は、セミナーで使用する自分の店舗内外の写真をご持参ください。

  申込締切:平成27年1月13日(火)

 【申請期間】  9月1日(月) から9月19日(金)午後5時まで  
 【申請方法】  所定の申請書に必要書類を添えて経済局ものづくり支援課まで持参
 【募集案内・申請書の入手方法】 下記URLからダウンロードください。                    http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/hanro26.html

  積極的にご参加ください。  http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shogyo/syouten/hamaakindo270115.html

 

中小企業支援コンシェルジュ事業 スタート

平成26年7月より、さらに一歩踏み込んだ販売・企画戦略、広報戦略の提案と助言を行うビジネスコンサルティングを開始し、更なる中小企業への支援体制強化を図ります。
このビジネスコンサルティングは、多くの中小企業が最大の経営課題として抱える「販路開拓」を中心に、販売・企画戦略、広報戦略について経験豊富なマネージャーが中心となりIDECの職員と支援チームを組んで、課題解決に向けたサポートを行います。
個別企業の売上アップなど具体的な成果につながる支援を通じて、中小企業の成長を実質的に後押しし、横浜経済の活性化を図っていきます。

http://www.idec.or.jp/keiei/concierge/index.php

横浜観光情報

2014年7月14日
夏休みのお勧めイベント&親子で楽しむ体験プログラム特集2014
盛りだくさんの内容で大人からお子様まで楽しい夏休みの思い出が作れます。

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/hottopics/2014/04.html

2014年7月 横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任

(公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)において、市内中小企業者を対象に外国出願費用の一部を助成します。
当事務所の弁理士 渡部仁は、2014年7月 横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任いたしました。

平成26年度 横浜市知的財産活用支援のご案内
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/tizai/pdf/h26chizaikatuyoushien.pdf#page=6

横浜知財みらい企業支援事業

横浜市の知的財産戦略ビジョン

横浜市は、経営に貢献する知的財産活動に積極的に取り組む企業の支援を通じて、独自の技術やサービスを活かし、付加価値が高く、国際競争力のある新技術・新製品等を次々と創造する企業を育成し、横浜経済のさらなる活性化を図るため、支援事業を行っています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/tizai/mirai/

2013年度 共創オープンフォーラムヨコハマ開催

2013年度共創オープンフォーラムヨコハマ開催 : 市民や企業、国など、多様な主体との連携により、立場を超えた対等な対話・コミュニケーションを行い、異なる価値観、立場、考え方をぶつけ合いながら新しいイノベーションを創出しているヨコハマ。

民間の皆様の中でも、様々な主体の連携により、新しい事業・取組み、イノベーションが数多く生まれています。

今回のフォーラムでは、このようなイノベーションを生み出すことを「共創」と捉え、そこに向けどういった対話・コミュニケーションがされたのか、さらに新しいイノベーションを創発するため、どういった対話の場づくりが必要なのかなどについて議論し、「共創」を通じた未来について考え、今後のアクションにつなげたいと考えています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kyoso/forum/20131218.html

ガチでうまい横浜の商店街丼ものNO.1

横浜市経済局 商業振興課の後援事業 「ガチでうまい横浜の商店街丼ものNO.1」

横浜市経済局商業振興課の後援事業、略して「ガチ丼!」(主催:一般社団法人横浜市商店街総連合会)の決勝ラウンドが10月19日に開催され、各賞受賞9点が決定しました。

12月8日(日)「ガチ丼!」の表彰式を後援団体である「大日本プロレス」の横浜ラジアントホール大会のリング上で開催します。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h25/251128syogyo.html

「平成27年度 横浜IoTフォーラム」~IoT時代のサイバーセキュリティ~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

自動車、家電、ロボット、施設などあらゆるモノがインターネットにつながり、情報のやり取りをし、新たな付加価値を生み出すといわれるIoTに対する注目が高まっています。
しかし、その一方でIoTの普及に伴い、通信の安全性を担保するためのサイバーセキュリティの確保が急務になっています。そこで、この分野の第一人者として御活躍されている方々を講師にお招きし、IoT時代の到来に伴うサイバーセキュリティの重要性についてお話しいただきます。是非ご来場ください。

■  日 時 :  平成28年2月15日(月) 13:30~17:15 (13:15開場)

■ 会場 :   情文ホール (横浜情報文化センター6F)

■ 主催 :  横浜エンベデッドコンソーシアム、横浜経済局

■  共催 :  一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会

■ 後援 :   独立行政法人情報処理推進機構 (予定)

■ 対象 :  IT企業(組み込み技術・半導体関連企業)等(定員100名先着順)

■ 費用 : 無料

■  開催内容 :

(1) 13時30分~13時40分 開会挨拶
横浜市経済局 成長産業振興課長 高橋 功

(2) 13時40分~14時40分 基調講演1(60分)
「IoT社会のセキュリティ」
講師:独立行政法人情報処理推進機構 技術ラボラトリー 主任 中野 学 様

(3) 14時50分~15時50分 基調講演2(60分)
「車両セキュリティ/IoT機器セキュリティ~セキュアエレメントを活用したシステム保護技術~」
講師:KDDI株式会社 プロダクト企画2部 マネージャ 竹森 敬祐 様

(4) 16時00分~17時00分 パネルディスカッション(60分)
「IoT時代のサイバーセキュリティ事例紹介等(仮)」
登壇者:独立行政法人情報処理推進機構 技術ラボラトリー 主任 中野 学 様
KDDI株式会社 プロダクト企画2部 マネージャ 竹森 敬祐 様
ボッシュ株式会社 テクニカルセンター 自動車システム統合部 部長 越智 純一 様
モデレータ:横浜エンベデッドコンソーシアム 兼平 靖夫 氏

(5) 17時00分~17時15分 閉会

■ お問い合わせ先: 横浜市経済局 成長振興課 土屋・落合  Tel 045-671-3487

https://www.kia.or.jp/MAKE_JIMU/doc/event_detail/4873.html

 

横浜商工会議所共催セミナー 技術マッチング「オープンイノベーション」
~今こそ 貴社の技術力を売り込むチャンス!!~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

現在は、グローバル化やニーズの多様化が進み、開発スピードを上げる時代が来ています。
日本の大企業や中堅企業も、「自前主義」ではなく広く技術ニーズやウオンツを紹介し、中小企業が持
つ「力」や「強み」を求めるオープンイノベーションを強く望んでいます。基調講演では、国のオープンイノベーション政策について、また各社からは要求技術などのシーズ紹介について説明いただく予定です。貴社の技術力を売り込む絶好の機会ですので、是非、ご参加くださいますようご案内いたします。

■ 日 時   : 平成28年2月23日(火) 13:00~17:00

■ 開 場   : 横浜シンポジア 議場 (中区山下町2 産業貿易センタービル9F)

■ 参加費   : 無料

■ 開催内容 :

【基調講演】
「地域イノベーションとオープンイノベーション政策」について
 経済産業省 産業技術環境局 技術政策企画室長 竹上 嗣郎 氏

【事 例】
1 .「大阪ガス㈱」におけるオープンイノベーションとニーズ・技術分野紹介
  大阪ガス㈱ 技術戦略オープンイノベーション室 大倉 良一氏

2 .「㈱大気社」のオープンイノベーション要求技術内容・分野の紹介
  ㈱大気社 環境システム事業部技術開発センター 笹尾 博行氏

3. 「よこはまティーエルオー㈱」におけるオープンイノベーション支援とシーズ紹介
  よこはまティーエルオー㈱ 代表取締役社長 井上 誠一氏

■ 共 催   : 横浜商工会議所、日本技術士会神奈川県支部(地域産業活性化研究会)主催

           神奈川県商工会議所連合会後援

■ 申込締切 : 平成28年2月12日(金)

■ 問合せ先 : 横浜商工会議所中小企業相談部 運営企画担当 TEL:045-671-7459
 

http://www.yokohama-cci.or.jp/news/%E9%96%8B%E5%82%AC%E6%A1%88%E5%86%85.pdf

 

成長分野×データ活用ビジネスセミナー~データ活用によるまちづくりのイノベーション~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

横浜市では、オープンデータを利活用した新たなビジネス・サービスの創出や、市内経済の活性化に向けて、「オープンデータ活用ビジネス化支援事業」を実施しています。このたび、介護等福祉分野の情報を集約・統計情報化し、介護業界と他業界とのハブとなって介護サービスの合理化・適正化を促進している、   株式会社ウェルモの鹿野佑介氏をお招きして「介護事業におけるオープンデータ活用」についてお話しいただきます。また、市内の取組事 例紹介やパネルディスカッションを行い、健康・医療分野におけるオープンデータやビッグデータの利活用の可能性を探ります。是非取材にお越しください。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h27/20151026113135.html

 

中小企業新技術・新製品開発促進助成金交付対象事業の決定

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

横浜市では、中小企業が積極的に新技術・新製品開発に取り組めるように研究開発経費を助成する「中小企業新技術・新製品開発促進助成」を実施しています。このたび、有識者から成る審査会を経て助成金交付対象事業が決定しました。36件の申請に対し、24件の事業計画を助成金交付対象と決定し、今後合計で約1億2千万円の助成金を交付する予定です。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/list-h27sbir.html

 

産学交流サロン「モノづくりの新局面!こんなロボット、こんな3Dプリンタがあった!?」

ぬいぐるみ型癒しロボット"と"A4コピー用紙を使う3Dプリンタ" 私たちは「ロボット=硬い」という先入観をもっているかもしれません。しかし今回の東工大発「ぬいぐるみ型癒しロボット」は、"芯まで柔らかい"癒しロボットです。その素材や駆動機構はどうなっているのか、わかりやすく講演頂きます。 かわいいクマのぬいぐるみロボットの動画や実物のデモもあります。

もう1件は、アイルランド製のユニークな3Dプリンタを扱っている企業から、「A4コピー用紙を材料としたエコで安全な3Dプリンタ」の原理から応用までを、動画なども使って、わかり易く説明頂きます。 紙製とは信じられない様々なサンプルを展示頂きます。本格的な3Dスキャナーのご紹介も有りますので、是非、ご期待ください。

開催日時 :  平成27年8月28日(金)15:00~18:00(交流会 17:00~)

会     場  :   横浜企業経営支援財団 大会議室

                 (横浜市中区太田町2-23 横浜メディアビジネスセンター7階)

参加費    :   市内企業1,000円/1名、市外企業2,000円/1名

http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=702

 

産学交流サロン「小さな泡の巨大なちから~ファインバブルが未来の扉を切り拓く~」

ファインバブル”で、工業/環境/エネルギー/医療分野等にイノベーションを!
 「ファインバブル(極微細気泡)」ついては、近年、注目を集め、種々の応用面で多くの効果が認められています。しかし一方、望んだ結果が得られないという事例も散見され、技術や装置の供給側と需要側双方の適切なマッチング等、新産業としての期待に応えていくにはまだまだ課題があるようです。  今回は大学の2名の研究者と、応用現場でチャレンジングな活動を推進しておられる企業のメンバーからお話しをいただき、「ファインバブル技術が新産業としての地位を確立していくための課題など」について議論します。  ファインバブル装置メーカーだけでなく、ファインバブル活用側の企業の皆様にもご参加いただきたいと思います。

会    期   :  2015年 8月24日(月) 14:30~18:00

会    場   :  KGU関内メディアセンター

問い合わせ  :  (公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)

            経営支援部 技術支援課   TEL:045-225-3733

http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=687

 

IoT Technology 2015/IoT総合技術展  初の開催!

本格的なIoT時代を迎え、人やデータ・モノ・プロセスといったすべてが関連性をもつことで新しいビジネスビジョンが創造され始めました。IoT Technology2015は、その核となる組込みシステムの総合技術展Embedded Technology 2015と連動し、IoTの最新ソリューションを体感できる展示会として展開いたします。

会期 :  2015年 11月18日(水)~20日(金)
       10:00~17:00 ※19日(木)は18:00まで

会場   :  パシフィコ横浜

主催  :  一般社団法人 組み込みシステム技術協会

http://www.jasa.or.jp/iot/top.html

 

 横浜中小企業技術相談事業(技術アドバイザー相談)

 IDECに登録している 「技術アドバイザー」 が、貴社の技術的な課題の相談に応じるとともに、適切なアドバイスを行います。 製造現場でお困りのことや、新製品・新技術開発における技術的な諸問題の解決に、本事業をぜひご活用ください。横浜市の 「中小製造業設備投資等助成」 申請に関する省エネ相談にも対応しています。

 http://www.idec.or.jp/gijutsu/soudan/

 

ハマあきんどネットワーク事業 第4回「地域に愛される商い」セミナー開催します

 横浜市では、個店経営者や創業予定者たちが、各店の魅力アップやスキルアップを目指す中で参加者同士の交流を促進し、地域や業種、商店街の枠を超えた横の繋がりのネットワークを構築して、今後の取組みへ活かしてもらうことを目的とした事業の一環として、中小企業診断士の片岡由美氏の監修のもと、平成26年度は全5回の実施を予定しています。

  開催日時:平成27年1月15日(木)18:30~21:00

  1.講演 「 人を魅きつける店舗ディスプレイ術 」
  2.パネルディスカッション「地域に愛される商い」
  3.交 流 会 (名 刺 交 換 会 ) … 自 由 参 加です。

  開催場所: 横浜市開港記念会館2階 6号室

  定  員 : 50名(申込先着順)】

  対象者 : 商店主、事業主、創業希望者・予定者

  ※可能な方は、セミナーで使用する自分の店舗内外の写真をご持参ください。

  申込締切:平成27年1月13日(火)

 【申請期間】  9月1日(月) から9月19日(金)午後5時まで  
 【申請方法】  所定の申請書に必要書類を添えて経済局ものづくり支援課まで持参
 【募集案内・申請書の入手方法】 下記URLからダウンロードください。                    http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/hanro26.html

  積極的にご参加ください。  http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shogyo/syouten/hamaakindo270115.html

 

中小企業支援コンシェルジュ事業 スタート

平成26年7月より、さらに一歩踏み込んだ販売・企画戦略、広報戦略の提案と助言を行うビジネスコンサルティングを開始し、更なる中小企業への支援体制強化を図ります。
このビジネスコンサルティングは、多くの中小企業が最大の経営課題として抱える「販路開拓」を中心に、販売・企画戦略、広報戦略について経験豊富なマネージャーが中心となりIDECの職員と支援チームを組んで、課題解決に向けたサポートを行います。
個別企業の売上アップなど具体的な成果につながる支援を通じて、中小企業の成長を実質的に後押しし、横浜経済の活性化を図っていきます。

http://www.idec.or.jp/keiei/concierge/index.php

横浜観光情報

2014年7月14日
夏休みのお勧めイベント&親子で楽しむ体験プログラム特集2014
盛りだくさんの内容で大人からお子様まで楽しい夏休みの思い出が作れます。

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/hottopics/2014/04.html

2014年7月 横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任

(公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)において、市内中小企業者を対象に外国出願費用の一部を助成します。
当事務所の弁理士 渡部仁は、2014年7月 横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任いたしました。

平成26年度 横浜市知的財産活用支援のご案内
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/tizai/pdf/h26chizaikatuyoushien.pdf#page=6

横浜知財みらい企業支援事業

横浜市の知的財産戦略ビジョン

横浜市は、経営に貢献する知的財産活動に積極的に取り組む企業の支援を通じて、独自の技術やサービスを活かし、付加価値が高く、国際競争力のある新技術・新製品等を次々と創造する企業を育成し、横浜経済のさらなる活性化を図るため、支援事業を行っています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/tizai/mirai/

2013年度 共創オープンフォーラムヨコハマ開催

2013年度共創オープンフォーラムヨコハマ開催 : 市民や企業、国など、多様な主体との連携により、立場を超えた対等な対話・コミュニケーションを行い、異なる価値観、立場、考え方をぶつけ合いながら新しいイノベーションを創出しているヨコハマ。

民間の皆様の中でも、様々な主体の連携により、新しい事業・取組み、イノベーションが数多く生まれています。

今回のフォーラムでは、このようなイノベーションを生み出すことを「共創」と捉え、そこに向けどういった対話・コミュニケーションがされたのか、さらに新しいイノベーションを創発するため、どういった対話の場づくりが必要なのかなどについて議論し、「共創」を通じた未来について考え、今後のアクションにつなげたいと考えています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kyoso/forum/20131218.html

ガチでうまい横浜の商店街丼ものNO.1

横浜市経済局 商業振興課の後援事業 「ガチでうまい横浜の商店街丼ものNO.1」

横浜市経済局商業振興課の後援事業、略して「ガチ丼!」(主催:一般社団法人横浜市商店街総連合会)の決勝ラウンドが10月19日に開催され、各賞受賞9点が決定しました。

12月8日(日)「ガチ丼!」の表彰式を後援団体である「大日本プロレス」の横浜ラジアントホール大会のリング上で開催します。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h25/251128syogyo.html

「平成27年度 横浜IoTフォーラム」~IoT時代のサイバーセキュリティ~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

自動車、家電、ロボット、施設などあらゆるモノがインターネットにつながり、情報のやり取りをし、新たな付加価値を生み出すといわれるIoTに対する注目が高まっています。
しかし、その一方でIoTの普及に伴い、通信の安全性を担保するためのサイバーセキュリティの確保が急務になっています。そこで、この分野の第一人者として御活躍されている方々を講師にお招きし、IoT時代の到来に伴うサイバーセキュリティの重要性についてお話しいただきます。是非ご来場ください。

■  日 時 :  平成28年2月15日(月) 13:30~17:15 (13:15開場)

■ 会場 :   情文ホール (横浜情報文化センター6F)

■ 主催 :  横浜エンベデッドコンソーシアム、横浜経済局

■  共催 :  一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会

■ 後援 :   独立行政法人情報処理推進機構 (予定)

■ 対象 :  IT企業(組み込み技術・半導体関連企業)等(定員100名先着順)

■ 費用 : 無料

■  開催内容 :

(1) 13時30分~13時40分 開会挨拶
横浜市経済局 成長産業振興課長 高橋 功

(2) 13時40分~14時40分 基調講演1(60分)
「IoT社会のセキュリティ」
講師:独立行政法人情報処理推進機構 技術ラボラトリー 主任 中野 学 様

(3) 14時50分~15時50分 基調講演2(60分)
「車両セキュリティ/IoT機器セキュリティ~セキュアエレメントを活用したシステム保護技術~」
講師:KDDI株式会社 プロダクト企画2部 マネージャ 竹森 敬祐 様

(4) 16時00分~17時00分 パネルディスカッション(60分)
「IoT時代のサイバーセキュリティ事例紹介等(仮)」
登壇者:独立行政法人情報処理推進機構 技術ラボラトリー 主任 中野 学 様
KDDI株式会社 プロダクト企画2部 マネージャ 竹森 敬祐 様
ボッシュ株式会社 テクニカルセンター 自動車システム統合部 部長 越智 純一 様
モデレータ:横浜エンベデッドコンソーシアム 兼平 靖夫 氏

(5) 17時00分~17時15分 閉会

■ お問い合わせ先: 横浜市経済局 成長振興課 土屋・落合  Tel 045-671-3487

https://www.kia.or.jp/MAKE_JIMU/doc/event_detail/4873.html

 

横浜商工会議所共催セミナー 技術マッチング「オープンイノベーション」
~今こそ 貴社の技術力を売り込むチャンス!!~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

現在は、グローバル化やニーズの多様化が進み、開発スピードを上げる時代が来ています。
日本の大企業や中堅企業も、「自前主義」ではなく広く技術ニーズやウオンツを紹介し、中小企業が持
つ「力」や「強み」を求めるオープンイノベーションを強く望んでいます。基調講演では、国のオープンイノベーション政策について、また各社からは要求技術などのシーズ紹介について説明いただく予定です。貴社の技術力を売り込む絶好の機会ですので、是非、ご参加くださいますようご案内いたします。

■ 日 時   : 平成28年2月23日(火) 13:00~17:00

■ 開 場   : 横浜シンポジア 議場 (中区山下町2 産業貿易センタービル9F)

■ 参加費   : 無料

■ 開催内容 :

【基調講演】
「地域イノベーションとオープンイノベーション政策」について
 経済産業省 産業技術環境局 技術政策企画室長 竹上 嗣郎 氏

【事 例】
1 .「大阪ガス㈱」におけるオープンイノベーションとニーズ・技術分野紹介
  大阪ガス㈱ 技術戦略オープンイノベーション室 大倉 良一氏

2 .「㈱大気社」のオープンイノベーション要求技術内容・分野の紹介
  ㈱大気社 環境システム事業部技術開発センター 笹尾 博行氏

3. 「よこはまティーエルオー㈱」におけるオープンイノベーション支援とシーズ紹介
  よこはまティーエルオー㈱ 代表取締役社長 井上 誠一氏

■ 共 催   : 横浜商工会議所、日本技術士会神奈川県支部(地域産業活性化研究会)主催

           神奈川県商工会議所連合会後援

■ 申込締切 : 平成28年2月12日(金)

■ 問合せ先 : 横浜商工会議所中小企業相談部 運営企画担当 TEL:045-671-7459
 

http://www.yokohama-cci.or.jp/news/%E9%96%8B%E5%82%AC%E6%A1%88%E5%86%85.pdf

 

成長分野×データ活用ビジネスセミナー~データ活用によるまちづくりのイノベーション~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

横浜市では、オープンデータを利活用した新たなビジネス・サービスの創出や、市内経済の活性化に向けて、「オープンデータ活用ビジネス化支援事業」を実施しています。このたび、介護等福祉分野の情報を集約・統計情報化し、介護業界と他業界とのハブとなって介護サービスの合理化・適正化を促進している、   株式会社ウェルモの鹿野佑介氏をお招きして「介護事業におけるオープンデータ活用」についてお話しいただきます。また、市内の取組事 例紹介やパネルディスカッションを行い、健康・医療分野におけるオープンデータやビッグデータの利活用の可能性を探ります。是非取材にお越しください。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h27/20151026113135.html

 

中小企業新技術・新製品開発促進助成金交付対象事業の決定

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

横浜市では、中小企業が積極的に新技術・新製品開発に取り組めるように研究開発経費を助成する「中小企業新技術・新製品開発促進助成」を実施しています。このたび、有識者から成る審査会を経て助成金交付対象事業が決定しました。36件の申請に対し、24件の事業計画を助成金交付対象と決定し、今後合計で約1億2千万円の助成金を交付する予定です。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/list-h27sbir.html

 

産学交流サロン「モノづくりの新局面!こんなロボット、こんな3Dプリンタがあった!?」

ぬいぐるみ型癒しロボット"と"A4コピー用紙を使う3Dプリンタ" 私たちは「ロボット=硬い」という先入観をもっているかもしれません。しかし今回の東工大発「ぬいぐるみ型癒しロボット」は、"芯まで柔らかい"癒しロボットです。その素材や駆動機構はどうなっているのか、わかりやすく講演頂きます。 かわいいクマのぬいぐるみロボットの動画や実物のデモもあります。

もう1件は、アイルランド製のユニークな3Dプリンタを扱っている企業から、「A4コピー用紙を材料としたエコで安全な3Dプリンタ」の原理から応用までを、動画なども使って、わかり易く説明頂きます。 紙製とは信じられない様々なサンプルを展示頂きます。本格的な3Dスキャナーのご紹介も有りますので、是非、ご期待ください。

開催日時 :  平成27年8月28日(金)15:00~18:00(交流会 17:00~)

会     場  :   横浜企業経営支援財団 大会議室

                 (横浜市中区太田町2-23 横浜メディアビジネスセンター7階)

参加費    :   市内企業1,000円/1名、市外企業2,000円/1名

http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=702

 

産学交流サロン「小さな泡の巨大なちから~ファインバブルが未来の扉を切り拓く~」

ファインバブル”で、工業/環境/エネルギー/医療分野等にイノベーションを!
 「ファインバブル(極微細気泡)」ついては、近年、注目を集め、種々の応用面で多くの効果が認められています。しかし一方、望んだ結果が得られないという事例も散見され、技術や装置の供給側と需要側双方の適切なマッチング等、新産業としての期待に応えていくにはまだまだ課題があるようです。  今回は大学の2名の研究者と、応用現場でチャレンジングな活動を推進しておられる企業のメンバーからお話しをいただき、「ファインバブル技術が新産業としての地位を確立していくための課題など」について議論します。  ファインバブル装置メーカーだけでなく、ファインバブル活用側の企業の皆様にもご参加いただきたいと思います。

会    期   :  2015年 8月24日(月) 14:30~18:00

会    場   :  KGU関内メディアセンター

問い合わせ  :  (公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)

            経営支援部 技術支援課   TEL:045-225-3733

http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=687

 

IoT Technology 2015/IoT総合技術展  初の開催!

本格的なIoT時代を迎え、人やデータ・モノ・プロセスといったすべてが関連性をもつことで新しいビジネスビジョンが創造され始めました。IoT Technology2015は、その核となる組込みシステムの総合技術展Embedded Technology 2015と連動し、IoTの最新ソリューションを体感できる展示会として展開いたします。

会期 :  2015年 11月18日(水)~20日(金)
       10:00~17:00 ※19日(木)は18:00まで

会場   :  パシフィコ横浜

主催  :  一般社団法人 組み込みシステム技術協会

http://www.jasa.or.jp/iot/top.html

 

 横浜中小企業技術相談事業(技術アドバイザー相談)

 IDECに登録している 「技術アドバイザー」 が、貴社の技術的な課題の相談に応じるとともに、適切なアドバイスを行います。 製造現場でお困りのことや、新製品・新技術開発における技術的な諸問題の解決に、本事業をぜひご活用ください。横浜市の 「中小製造業設備投資等助成」 申請に関する省エネ相談にも対応しています。

 http://www.idec.or.jp/gijutsu/soudan/

 

ハマあきんどネットワーク事業 第4回「地域に愛される商い」セミナー開催します

 横浜市では、個店経営者や創業予定者たちが、各店の魅力アップやスキルアップを目指す中で参加者同士の交流を促進し、地域や業種、商店街の枠を超えた横の繋がりのネットワークを構築して、今後の取組みへ活かしてもらうことを目的とした事業の一環として、中小企業診断士の片岡由美氏の監修のもと、平成26年度は全5回の実施を予定しています。

  開催日時:平成27年1月15日(木)18:30~21:00

  1.講演 「 人を魅きつける店舗ディスプレイ術 」
  2.パネルディスカッション「地域に愛される商い」
  3.交 流 会 (名 刺 交 換 会 ) … 自 由 参 加です。

  開催場所: 横浜市開港記念会館2階 6号室

  定  員 : 50名(申込先着順)】

  対象者 : 商店主、事業主、創業希望者・予定者

  ※可能な方は、セミナーで使用する自分の店舗内外の写真をご持参ください。

  申込締切:平成27年1月13日(火)

 【申請期間】  9月1日(月) から9月19日(金)午後5時まで  
 【申請方法】  所定の申請書に必要書類を添えて経済局ものづくり支援課まで持参
 【募集案内・申請書の入手方法】 下記URLからダウンロードください。                    http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/hanro26.html

  積極的にご参加ください。  http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shogyo/syouten/hamaakindo270115.html

 

中小企業支援コンシェルジュ事業 スタート

平成26年7月より、さらに一歩踏み込んだ販売・企画戦略、広報戦略の提案と助言を行うビジネスコンサルティングを開始し、更なる中小企業への支援体制強化を図ります。
このビジネスコンサルティングは、多くの中小企業が最大の経営課題として抱える「販路開拓」を中心に、販売・企画戦略、広報戦略について経験豊富なマネージャーが中心となりIDECの職員と支援チームを組んで、課題解決に向けたサポートを行います。
個別企業の売上アップなど具体的な成果につながる支援を通じて、中小企業の成長を実質的に後押しし、横浜経済の活性化を図っていきます。

http://www.idec.or.jp/keiei/concierge/index.php

横浜観光情報

2014年7月14日
夏休みのお勧めイベント&親子で楽しむ体験プログラム特集2014
盛りだくさんの内容で大人からお子様まで楽しい夏休みの思い出が作れます。

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/hottopics/2014/04.html

2014年7月 横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任

(公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)において、市内中小企業者を対象に外国出願費用の一部を助成します。
当事務所の弁理士 渡部仁は、2014年7月 横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任いたしました。

平成26年度 横浜市知的財産活用支援のご案内
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/tizai/pdf/h26chizaikatuyoushien.pdf#page=6

横浜知財みらい企業支援事業

横浜市の知的財産戦略ビジョン

横浜市は、経営に貢献する知的財産活動に積極的に取り組む企業の支援を通じて、独自の技術やサービスを活かし、付加価値が高く、国際競争力のある新技術・新製品等を次々と創造する企業を育成し、横浜経済のさらなる活性化を図るため、支援事業を行っています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/tizai/mirai/

2013年度 共創オープンフォーラムヨコハマ開催

2013年度共創オープンフォーラムヨコハマ開催 : 市民や企業、国など、多様な主体との連携により、立場を超えた対等な対話・コミュニケーションを行い、異なる価値観、立場、考え方をぶつけ合いながら新しいイノベーションを創出しているヨコハマ。

民間の皆様の中でも、様々な主体の連携により、新しい事業・取組み、イノベーションが数多く生まれています。

今回のフォーラムでは、このようなイノベーションを生み出すことを「共創」と捉え、そこに向けどういった対話・コミュニケーションがされたのか、さらに新しいイノベーションを創発するため、どういった対話の場づくりが必要なのかなどについて議論し、「共創」を通じた未来について考え、今後のアクションにつなげたいと考えています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kyoso/forum/20131218.html

ガチでうまい横浜の商店街丼ものNO.1

横浜市経済局 商業振興課の後援事業 「ガチでうまい横浜の商店街丼ものNO.1」

横浜市経済局商業振興課の後援事業、略して「ガチ丼!」(主催:一般社団法人横浜市商店街総連合会)の決勝ラウンドが10月19日に開催され、各賞受賞9点が決定しました。

12月8日(日)「ガチ丼!」の表彰式を後援団体である「大日本プロレス」の横浜ラジアントホール大会のリング上で開催します。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h25/251128syogyo.html

「平成27年度 横浜IoTフォーラム」~IoT時代のサイバーセキュリティ~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

自動車、家電、ロボット、施設などあらゆるモノがインターネットにつながり、情報のやり取りをし、新たな付加価値を生み出すといわれるIoTに対する注目が高まっています。
しかし、その一方でIoTの普及に伴い、通信の安全性を担保するためのサイバーセキュリティの確保が急務になっています。そこで、この分野の第一人者として御活躍されている方々を講師にお招きし、IoT時代の到来に伴うサイバーセキュリティの重要性についてお話しいただきます。是非ご来場ください。

■  日 時 :  平成28年2月15日(月) 13:30~17:15 (13:15開場)

■ 会場 :   情文ホール (横浜情報文化センター6F)

■ 主催 :  横浜エンベデッドコンソーシアム、横浜経済局

■  共催 :  一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会

■ 後援 :   独立行政法人情報処理推進機構 (予定)

■ 対象 :  IT企業(組み込み技術・半導体関連企業)等(定員100名先着順)

■ 費用 : 無料

■  開催内容 :

(1) 13時30分~13時40分 開会挨拶
横浜市経済局 成長産業振興課長 高橋 功

(2) 13時40分~14時40分 基調講演1(60分)
「IoT社会のセキュリティ」
講師:独立行政法人情報処理推進機構 技術ラボラトリー 主任 中野 学 様

(3) 14時50分~15時50分 基調講演2(60分)
「車両セキュリティ/IoT機器セキュリティ~セキュアエレメントを活用したシステム保護技術~」
講師:KDDI株式会社 プロダクト企画2部 マネージャ 竹森 敬祐 様

(4) 16時00分~17時00分 パネルディスカッション(60分)
「IoT時代のサイバーセキュリティ事例紹介等(仮)」
登壇者:独立行政法人情報処理推進機構 技術ラボラトリー 主任 中野 学 様
KDDI株式会社 プロダクト企画2部 マネージャ 竹森 敬祐 様
ボッシュ株式会社 テクニカルセンター 自動車システム統合部 部長 越智 純一 様
モデレータ:横浜エンベデッドコンソーシアム 兼平 靖夫 氏

(5) 17時00分~17時15分 閉会

■ お問い合わせ先: 横浜市経済局 成長振興課 土屋・落合  Tel 045-671-3487

https://www.kia.or.jp/MAKE_JIMU/doc/event_detail/4873.html

 

横浜商工会議所共催セミナー 技術マッチング「オープンイノベーション」
~今こそ 貴社の技術力を売り込むチャンス!!~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

現在は、グローバル化やニーズの多様化が進み、開発スピードを上げる時代が来ています。
日本の大企業や中堅企業も、「自前主義」ではなく広く技術ニーズやウオンツを紹介し、中小企業が持
つ「力」や「強み」を求めるオープンイノベーションを強く望んでいます。基調講演では、国のオープンイノベーション政策について、また各社からは要求技術などのシーズ紹介について説明いただく予定です。貴社の技術力を売り込む絶好の機会ですので、是非、ご参加くださいますようご案内いたします。

■ 日 時   : 平成28年2月23日(火) 13:00~17:00

■ 開 場   : 横浜シンポジア 議場 (中区山下町2 産業貿易センタービル9F)

■ 参加費   : 無料

■ 開催内容 :

【基調講演】
「地域イノベーションとオープンイノベーション政策」について
 経済産業省 産業技術環境局 技術政策企画室長 竹上 嗣郎 氏

【事 例】
1 .「大阪ガス㈱」におけるオープンイノベーションとニーズ・技術分野紹介
  大阪ガス㈱ 技術戦略オープンイノベーション室 大倉 良一氏

2 .「㈱大気社」のオープンイノベーション要求技術内容・分野の紹介
  ㈱大気社 環境システム事業部技術開発センター 笹尾 博行氏

3. 「よこはまティーエルオー㈱」におけるオープンイノベーション支援とシーズ紹介
  よこはまティーエルオー㈱ 代表取締役社長 井上 誠一氏

■ 共 催   : 横浜商工会議所、日本技術士会神奈川県支部(地域産業活性化研究会)主催

           神奈川県商工会議所連合会後援

■ 申込締切 : 平成28年2月12日(金)

■ 問合せ先 : 横浜商工会議所中小企業相談部 運営企画担当 TEL:045-671-7459
 

http://www.yokohama-cci.or.jp/news/%E9%96%8B%E5%82%AC%E6%A1%88%E5%86%85.pdf

 

成長分野×データ活用ビジネスセミナー~データ活用によるまちづくりのイノベーション~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

横浜市では、オープンデータを利活用した新たなビジネス・サービスの創出や、市内経済の活性化に向けて、「オープンデータ活用ビジネス化支援事業」を実施しています。このたび、介護等福祉分野の情報を集約・統計情報化し、介護業界と他業界とのハブとなって介護サービスの合理化・適正化を促進している、   株式会社ウェルモの鹿野佑介氏をお招きして「介護事業におけるオープンデータ活用」についてお話しいただきます。また、市内の取組事 例紹介やパネルディスカッションを行い、健康・医療分野におけるオープンデータやビッグデータの利活用の可能性を探ります。是非取材にお越しください。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h27/20151026113135.html

 

中小企業新技術・新製品開発促進助成金交付対象事業の決定

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

横浜市では、中小企業が積極的に新技術・新製品開発に取り組めるように研究開発経費を助成する「中小企業新技術・新製品開発促進助成」を実施しています。このたび、有識者から成る審査会を経て助成金交付対象事業が決定しました。36件の申請に対し、24件の事業計画を助成金交付対象と決定し、今後合計で約1億2千万円の助成金を交付する予定です。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/list-h27sbir.html

 

産学交流サロン「モノづくりの新局面!こんなロボット、こんな3Dプリンタがあった!?」

ぬいぐるみ型癒しロボット"と"A4コピー用紙を使う3Dプリンタ" 私たちは「ロボット=硬い」という先入観をもっているかもしれません。しかし今回の東工大発「ぬいぐるみ型癒しロボット」は、"芯まで柔らかい"癒しロボットです。その素材や駆動機構はどうなっているのか、わかりやすく講演頂きます。 かわいいクマのぬいぐるみロボットの動画や実物のデモもあります。

もう1件は、アイルランド製のユニークな3Dプリンタを扱っている企業から、「A4コピー用紙を材料としたエコで安全な3Dプリンタ」の原理から応用までを、動画なども使って、わかり易く説明頂きます。 紙製とは信じられない様々なサンプルを展示頂きます。本格的な3Dスキャナーのご紹介も有りますので、是非、ご期待ください。

開催日時 :  平成27年8月28日(金)15:00~18:00(交流会 17:00~)

会     場  :   横浜企業経営支援財団 大会議室

                 (横浜市中区太田町2-23 横浜メディアビジネスセンター7階)

参加費    :   市内企業1,000円/1名、市外企業2,000円/1名

http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=702

 

産学交流サロン「小さな泡の巨大なちから~ファインバブルが未来の扉を切り拓く~」

ファインバブル”で、工業/環境/エネルギー/医療分野等にイノベーションを!
 「ファインバブル(極微細気泡)」ついては、近年、注目を集め、種々の応用面で多くの効果が認められています。しかし一方、望んだ結果が得られないという事例も散見され、技術や装置の供給側と需要側双方の適切なマッチング等、新産業としての期待に応えていくにはまだまだ課題があるようです。  今回は大学の2名の研究者と、応用現場でチャレンジングな活動を推進しておられる企業のメンバーからお話しをいただき、「ファインバブル技術が新産業としての地位を確立していくための課題など」について議論します。  ファインバブル装置メーカーだけでなく、ファインバブル活用側の企業の皆様にもご参加いただきたいと思います。

会    期   :  2015年 8月24日(月) 14:30~18:00

会    場   :  KGU関内メディアセンター

問い合わせ  :  (公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)

            経営支援部 技術支援課   TEL:045-225-3733

http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=687

 

IoT Technology 2015/IoT総合技術展  初の開催!

本格的なIoT時代を迎え、人やデータ・モノ・プロセスといったすべてが関連性をもつことで新しいビジネスビジョンが創造され始めました。IoT Technology2015は、その核となる組込みシステムの総合技術展Embedded Technology 2015と連動し、IoTの最新ソリューションを体感できる展示会として展開いたします。

会期 :  2015年 11月18日(水)~20日(金)
       10:00~17:00 ※19日(木)は18:00まで

会場   :  パシフィコ横浜

主催  :  一般社団法人 組み込みシステム技術協会

http://www.jasa.or.jp/iot/top.html

 

 横浜中小企業技術相談事業(技術アドバイザー相談)

 IDECに登録している 「技術アドバイザー」 が、貴社の技術的な課題の相談に応じるとともに、適切なアドバイスを行います。 製造現場でお困りのことや、新製品・新技術開発における技術的な諸問題の解決に、本事業をぜひご活用ください。横浜市の 「中小製造業設備投資等助成」 申請に関する省エネ相談にも対応しています。

 http://www.idec.or.jp/gijutsu/soudan/

 

ハマあきんどネットワーク事業 第4回「地域に愛される商い」セミナー開催します

 横浜市では、個店経営者や創業予定者たちが、各店の魅力アップやスキルアップを目指す中で参加者同士の交流を促進し、地域や業種、商店街の枠を超えた横の繋がりのネットワークを構築して、今後の取組みへ活かしてもらうことを目的とした事業の一環として、中小企業診断士の片岡由美氏の監修のもと、平成26年度は全5回の実施を予定しています。

  開催日時:平成27年1月15日(木)18:30~21:00

  1.講演 「 人を魅きつける店舗ディスプレイ術 」
  2.パネルディスカッション「地域に愛される商い」
  3.交 流 会 (名 刺 交 換 会 ) … 自 由 参 加です。

  開催場所: 横浜市開港記念会館2階 6号室

  定  員 : 50名(申込先着順)】

  対象者 : 商店主、事業主、創業希望者・予定者

  ※可能な方は、セミナーで使用する自分の店舗内外の写真をご持参ください。

  申込締切:平成27年1月13日(火)

 【申請期間】  9月1日(月) から9月19日(金)午後5時まで  
 【申請方法】  所定の申請書に必要書類を添えて経済局ものづくり支援課まで持参
 【募集案内・申請書の入手方法】 下記URLからダウンロードください。                    http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/hanro26.html

  積極的にご参加ください。  http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shogyo/syouten/hamaakindo270115.html

 

中小企業支援コンシェルジュ事業 スタート

平成26年7月より、さらに一歩踏み込んだ販売・企画戦略、広報戦略の提案と助言を行うビジネスコンサルティングを開始し、更なる中小企業への支援体制強化を図ります。
このビジネスコンサルティングは、多くの中小企業が最大の経営課題として抱える「販路開拓」を中心に、販売・企画戦略、広報戦略について経験豊富なマネージャーが中心となりIDECの職員と支援チームを組んで、課題解決に向けたサポートを行います。
個別企業の売上アップなど具体的な成果につながる支援を通じて、中小企業の成長を実質的に後押しし、横浜経済の活性化を図っていきます。

http://www.idec.or.jp/keiei/concierge/index.php

横浜観光情報

2014年7月14日
夏休みのお勧めイベント&親子で楽しむ体験プログラム特集2014
盛りだくさんの内容で大人からお子様まで楽しい夏休みの思い出が作れます。

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/hottopics/2014/04.html

2014年7月 横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任

(公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)において、市内中小企業者を対象に外国出願費用の一部を助成します。
当事務所の弁理士 渡部仁は、2014年7月 横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任いたしました。

平成26年度 横浜市知的財産活用支援のご案内
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/tizai/pdf/h26chizaikatuyoushien.pdf#page=6

横浜知財みらい企業支援事業

横浜市の知的財産戦略ビジョン

横浜市は、経営に貢献する知的財産活動に積極的に取り組む企業の支援を通じて、独自の技術やサービスを活かし、付加価値が高く、国際競争力のある新技術・新製品等を次々と創造する企業を育成し、横浜経済のさらなる活性化を図るため、支援事業を行っています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/tizai/mirai/

2013年度 共創オープンフォーラムヨコハマ開催

2013年度共創オープンフォーラムヨコハマ開催 : 市民や企業、国など、多様な主体との連携により、立場を超えた対等な対話・コミュニケーションを行い、異なる価値観、立場、考え方をぶつけ合いながら新しいイノベーションを創出しているヨコハマ。

民間の皆様の中でも、様々な主体の連携により、新しい事業・取組み、イノベーションが数多く生まれています。

今回のフォーラムでは、このようなイノベーションを生み出すことを「共創」と捉え、そこに向けどういった対話・コミュニケーションがされたのか、さらに新しいイノベーションを創発するため、どういった対話の場づくりが必要なのかなどについて議論し、「共創」を通じた未来について考え、今後のアクションにつなげたいと考えています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kyoso/forum/20131218.html

ガチでうまい横浜の商店街丼ものNO.1

横浜市経済局 商業振興課の後援事業 「ガチでうまい横浜の商店街丼ものNO.1」

横浜市経済局商業振興課の後援事業、略して「ガチ丼!」(主催:一般社団法人横浜市商店街総連合会)の決勝ラウンドが10月19日に開催され、各賞受賞9点が決定しました。

12月8日(日)「ガチ丼!」の表彰式を後援団体である「大日本プロレス」の横浜ラジアントホール大会のリング上で開催します。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h25/251128syogyo.html

「平成27年度 横浜IoTフォーラム」~IoT時代のサイバーセキュリティ~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

自動車、家電、ロボット、施設などあらゆるモノがインターネットにつながり、情報のやり取りをし、新たな付加価値を生み出すといわれるIoTに対する注目が高まっています。
しかし、その一方でIoTの普及に伴い、通信の安全性を担保するためのサイバーセキュリティの確保が急務になっています。そこで、この分野の第一人者として御活躍されている方々を講師にお招きし、IoT時代の到来に伴うサイバーセキュリティの重要性についてお話しいただきます。是非ご来場ください。

■  日 時 :  平成28年2月15日(月) 13:30~17:15 (13:15開場)

■ 会場 :   情文ホール (横浜情報文化センター6F)

■ 主催 :  横浜エンベデッドコンソーシアム、横浜経済局

■  共催 :  一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会

■ 後援 :   独立行政法人情報処理推進機構 (予定)

■ 対象 :  IT企業(組み込み技術・半導体関連企業)等(定員100名先着順)

■ 費用 : 無料

■  開催内容 :

(1) 13時30分~13時40分 開会挨拶
横浜市経済局 成長産業振興課長 高橋 功

(2) 13時40分~14時40分 基調講演1(60分)
「IoT社会のセキュリティ」
講師:独立行政法人情報処理推進機構 技術ラボラトリー 主任 中野 学 様

(3) 14時50分~15時50分 基調講演2(60分)
「車両セキュリティ/IoT機器セキュリティ~セキュアエレメントを活用したシステム保護技術~」
講師:KDDI株式会社 プロダクト企画2部 マネージャ 竹森 敬祐 様

(4) 16時00分~17時00分 パネルディスカッション(60分)
「IoT時代のサイバーセキュリティ事例紹介等(仮)」
登壇者:独立行政法人情報処理推進機構 技術ラボラトリー 主任 中野 学 様
KDDI株式会社 プロダクト企画2部 マネージャ 竹森 敬祐 様
ボッシュ株式会社 テクニカルセンター 自動車システム統合部 部長 越智 純一 様
モデレータ:横浜エンベデッドコンソーシアム 兼平 靖夫 氏

(5) 17時00分~17時15分 閉会

■ お問い合わせ先: 横浜市経済局 成長振興課 土屋・落合  Tel 045-671-3487

https://www.kia.or.jp/MAKE_JIMU/doc/event_detail/4873.html

 

横浜商工会議所共催セミナー 技術マッチング「オープンイノベーション」
~今こそ 貴社の技術力を売り込むチャンス!!~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

現在は、グローバル化やニーズの多様化が進み、開発スピードを上げる時代が来ています。
日本の大企業や中堅企業も、「自前主義」ではなく広く技術ニーズやウオンツを紹介し、中小企業が持
つ「力」や「強み」を求めるオープンイノベーションを強く望んでいます。基調講演では、国のオープンイノベーション政策について、また各社からは要求技術などのシーズ紹介について説明いただく予定です。貴社の技術力を売り込む絶好の機会ですので、是非、ご参加くださいますようご案内いたします。

■ 日 時   : 平成28年2月23日(火) 13:00~17:00

■ 開 場   : 横浜シンポジア 議場 (中区山下町2 産業貿易センタービル9F)

■ 参加費   : 無料

■ 開催内容 :

【基調講演】
「地域イノベーションとオープンイノベーション政策」について
 経済産業省 産業技術環境局 技術政策企画室長 竹上 嗣郎 氏

【事 例】
1 .「大阪ガス㈱」におけるオープンイノベーションとニーズ・技術分野紹介
  大阪ガス㈱ 技術戦略オープンイノベーション室 大倉 良一氏

2 .「㈱大気社」のオープンイノベーション要求技術内容・分野の紹介
  ㈱大気社 環境システム事業部技術開発センター 笹尾 博行氏

3. 「よこはまティーエルオー㈱」におけるオープンイノベーション支援とシーズ紹介
  よこはまティーエルオー㈱ 代表取締役社長 井上 誠一氏

■ 共 催   : 横浜商工会議所、日本技術士会神奈川県支部(地域産業活性化研究会)主催

           神奈川県商工会議所連合会後援

■ 申込締切 : 平成28年2月12日(金)

■ 問合せ先 : 横浜商工会議所中小企業相談部 運営企画担当 TEL:045-671-7459
 

http://www.yokohama-cci.or.jp/news/%E9%96%8B%E5%82%AC%E6%A1%88%E5%86%85.pdf

 

成長分野×データ活用ビジネスセミナー~データ活用によるまちづくりのイノベーション~

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

横浜市では、オープンデータを利活用した新たなビジネス・サービスの創出や、市内経済の活性化に向けて、「オープンデータ活用ビジネス化支援事業」を実施しています。このたび、介護等福祉分野の情報を集約・統計情報化し、介護業界と他業界とのハブとなって介護サービスの合理化・適正化を促進している、   株式会社ウェルモの鹿野佑介氏をお招きして「介護事業におけるオープンデータ活用」についてお話しいただきます。また、市内の取組事 例紹介やパネルディスカッションを行い、健康・医療分野におけるオープンデータやビッグデータの利活用の可能性を探ります。是非取材にお越しください。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h27/20151026113135.html

 

中小企業新技術・新製品開発促進助成金交付対象事業の決定

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

横浜市では、中小企業が積極的に新技術・新製品開発に取り組めるように研究開発経費を助成する「中小企業新技術・新製品開発促進助成」を実施しています。このたび、有識者から成る審査会を経て助成金交付対象事業が決定しました。36件の申請に対し、24件の事業計画を助成金交付対象と決定し、今後合計で約1億2千万円の助成金を交付する予定です。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/list-h27sbir.html

 

産学交流サロン「モノづくりの新局面!こんなロボット、こんな3Dプリンタがあった!?」

ぬいぐるみ型癒しロボット"と"A4コピー用紙を使う3Dプリンタ" 私たちは「ロボット=硬い」という先入観をもっているかもしれません。しかし今回の東工大発「ぬいぐるみ型癒しロボット」は、"芯まで柔らかい"癒しロボットです。その素材や駆動機構はどうなっているのか、わかりやすく講演頂きます。 かわいいクマのぬいぐるみロボットの動画や実物のデモもあります。

もう1件は、アイルランド製のユニークな3Dプリンタを扱っている企業から、「A4コピー用紙を材料としたエコで安全な3Dプリンタ」の原理から応用までを、動画なども使って、わかり易く説明頂きます。 紙製とは信じられない様々なサンプルを展示頂きます。本格的な3Dスキャナーのご紹介も有りますので、是非、ご期待ください。

開催日時 :  平成27年8月28日(金)15:00~18:00(交流会 17:00~)

会     場  :   横浜企業経営支援財団 大会議室

                 (横浜市中区太田町2-23 横浜メディアビジネスセンター7階)

参加費    :   市内企業1,000円/1名、市外企業2,000円/1名

http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=702

 

産学交流サロン「小さな泡の巨大なちから~ファインバブルが未来の扉を切り拓く~」

ファインバブル”で、工業/環境/エネルギー/医療分野等にイノベーションを!
 「ファインバブル(極微細気泡)」ついては、近年、注目を集め、種々の応用面で多くの効果が認められています。しかし一方、望んだ結果が得られないという事例も散見され、技術や装置の供給側と需要側双方の適切なマッチング等、新産業としての期待に応えていくにはまだまだ課題があるようです。  今回は大学の2名の研究者と、応用現場でチャレンジングな活動を推進しておられる企業のメンバーからお話しをいただき、「ファインバブル技術が新産業としての地位を確立していくための課題など」について議論します。  ファインバブル装置メーカーだけでなく、ファインバブル活用側の企業の皆様にもご参加いただきたいと思います。

会    期   :  2015年 8月24日(月) 14:30~18:00

会    場   :  KGU関内メディアセンター

問い合わせ  :  (公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)

            経営支援部 技術支援課   TEL:045-225-3733

http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=687

 

IoT Technology 2015/IoT総合技術展  初の開催!

本格的なIoT時代を迎え、人やデータ・モノ・プロセスといったすべてが関連性をもつことで新しいビジネスビジョンが創造され始めました。IoT Technology2015は、その核となる組込みシステムの総合技術展Embedded Technology 2015と連動し、IoTの最新ソリューションを体感できる展示会として展開いたします。

会期 :  2015年 11月18日(水)~20日(金)
       10:00~17:00 ※19日(木)は18:00まで

会場   :  パシフィコ横浜

主催  :  一般社団法人 組み込みシステム技術協会

http://www.jasa.or.jp/iot/top.html

 

 横浜中小企業技術相談事業(技術アドバイザー相談)

 IDECに登録している 「技術アドバイザー」 が、貴社の技術的な課題の相談に応じるとともに、適切なアドバイスを行います。 製造現場でお困りのことや、新製品・新技術開発における技術的な諸問題の解決に、本事業をぜひご活用ください。横浜市の 「中小製造業設備投資等助成」 申請に関する省エネ相談にも対応しています。

 http://www.idec.or.jp/gijutsu/soudan/

 

ハマあきんどネットワーク事業 第4回「地域に愛される商い」セミナー開催します

 横浜市では、個店経営者や創業予定者たちが、各店の魅力アップやスキルアップを目指す中で参加者同士の交流を促進し、地域や業種、商店街の枠を超えた横の繋がりのネットワークを構築して、今後の取組みへ活かしてもらうことを目的とした事業の一環として、中小企業診断士の片岡由美氏の監修のもと、平成26年度は全5回の実施を予定しています。

  開催日時:平成27年1月15日(木)18:30~21:00

  1.講演 「 人を魅きつける店舗ディスプレイ術 」
  2.パネルディスカッション「地域に愛される商い」
  3.交 流 会 (名 刺 交 換 会 ) … 自 由 参 加です。

  開催場所: 横浜市開港記念会館2階 6号室

  定  員 : 50名(申込先着順)】

  対象者 : 商店主、事業主、創業希望者・予定者

  ※可能な方は、セミナーで使用する自分の店舗内外の写真をご持参ください。

  申込締切:平成27年1月13日(火)

 【申請期間】  9月1日(月) から9月19日(金)午後5時まで  
 【申請方法】  所定の申請書に必要書類を添えて経済局ものづくり支援課まで持参
 【募集案内・申請書の入手方法】 下記URLからダウンロードください。                    http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/hanro26.html

  積極的にご参加ください。  http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shogyo/syouten/hamaakindo270115.html

 

中小企業支援コンシェルジュ事業 スタート

平成26年7月より、さらに一歩踏み込んだ販売・企画戦略、広報戦略の提案と助言を行うビジネスコンサルティングを開始し、更なる中小企業への支援体制強化を図ります。
このビジネスコンサルティングは、多くの中小企業が最大の経営課題として抱える「販路開拓」を中心に、販売・企画戦略、広報戦略について経験豊富なマネージャーが中心となりIDECの職員と支援チームを組んで、課題解決に向けたサポートを行います。
個別企業の売上アップなど具体的な成果につながる支援を通じて、中小企業の成長を実質的に後押しし、横浜経済の活性化を図っていきます。

http://www.idec.or.jp/keiei/concierge/index.php

横浜観光情報

2014年7月14日
夏休みのお勧めイベント&親子で楽しむ体験プログラム特集2014
盛りだくさんの内容で大人からお子様まで楽しい夏休みの思い出が作れます。

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/hottopics/2014/04.html

2014年7月 横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任

(公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)において、市内中小企業者を対象に外国出願費用の一部を助成します。
当事務所の弁理士 渡部仁は、2014年7月 横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任いたしました。

平成26年度 横浜市知的財産活用支援のご案内
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/tizai/pdf/h26chizaikatuyoushien.pdf#page=6

横浜知財みらい企業支援事業

横浜市の知的財産戦略ビジョン

横浜市は、経営に貢献する知的財産活動に積極的に取り組む企業の支援を通じて、独自の技術やサービスを活かし、付加価値が高く、国際競争力のある新技術・新製品等を次々と創造する企業を育成し、横浜経済のさらなる活性化を図るため、支援事業を行っています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/tizai/mirai/

2013年度 共創オープンフォーラムヨコハマ開催

2013年度共創オープンフォーラムヨコハマ開催 : 市民や企業、国など、多様な主体との連携により、立場を超えた対等な対話・コミュニケーションを行い、異なる価値観、立場、考え方をぶつけ合いながら新しいイノベーションを創出しているヨコハマ。

民間の皆様の中でも、様々な主体の連携により、新しい事業・取組み、イノベーションが数多く生まれています。

今回のフォーラムでは、このようなイノベーションを生み出すことを「共創」と捉え、そこに向けどういった対話・コミュニケーションがされたのか、さらに新しいイノベーションを創発するため、どういった対話の場づくりが必要なのかなどについて議論し、「共創」を通じた未来について考え、今後のアクションにつなげたいと考えています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kyoso/forum/20131218.html

ガチでうまい横浜の商店街丼ものNO.1

横浜市経済局 商業振興課の後援事業 「ガチでうまい横浜の商店街丼ものNO.1」

横浜市経済局商業振興課の後援事業、略して「ガチ丼!」(主催:一般社団法人横浜市商店街総連合会)の決勝ラウンドが10月19日に開催され、各賞受賞9点が決定しました。

12月8日(日)「ガチ丼!」の表彰式を後援団体である「大日本プロレス」の横浜ラジアントホール大会のリング上で開催します。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h25/251128syogyo.html

中小企業新技術・新製品開発促進助成金交付対象事業の決定

横浜市の事業者の皆さまに参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが必要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

横浜市では、中小企業が積極的に新技術・新製品開発に取り組めるように研究開発経費を助成する「中小企業新技術・新製品開発促進助成」を実施しています。このたび、有識者から成る審査会を経て助成金交付対象事業が決定しました。36件の申請に対し、24件の事業計画を助成金交付対象と決定し、今後合計で約1億2千万円の助成金を交付する予定です。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/list-h27sbir.html

 

産学交流サロン「モノづくりの新局面!こんなロボット、こんな3Dプリンタがあった!?」

ぬいぐるみ型癒しロボット"と"A4コピー用紙を使う3Dプリンタ" 私たちは「ロボット=硬い」という先入観をもっているかもしれません。しかし今回の東工大発「ぬいぐるみ型癒しロボット」は、"芯まで柔らかい"癒しロボットです。その素材や駆動機構はどうなっているのか、わかりやすく講演頂きます。 かわいいクマのぬいぐるみロボットの動画や実物のデモもあります。

もう1件は、アイルランド製のユニークな3Dプリンタを扱っている企業から、「A4コピー用紙を材料としたエコで安全な3Dプリンタ」の原理から応用までを、動画なども使って、わかり易く説明頂きます。 紙製とは信じられない様々なサンプルを展示頂きます。本格的な3Dスキャナーのご紹介も有りますので、是非、ご期待ください。

開催日時 :  平成27年8月28日(金)15:00~18:00(交流会 17:00~)

会     場  :   横浜企業経営支援財団 大会議室

                 (横浜市中区太田町2-23 横浜メディアビジネスセンター7階)

参加費    :   市内企業1,000円/1名、市外企業2,000円/1名

http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=702

 

産学交流サロン「小さな泡の巨大なちから~ファインバブルが未来の扉を切り拓く~」

ファインバブル”で、工業/環境/エネルギー/医療分野等にイノベーションを!
 「ファインバブル(極微細気泡)」ついては、近年、注目を集め、種々の応用面で多くの効果が認められています。しかし一方、望んだ結果が得られないという事例も散見され、技術や装置の供給側と需要側双方の適切なマッチング等、新産業としての期待に応えていくにはまだまだ課題があるようです。  今回は大学の2名の研究者と、応用現場でチャレンジングな活動を推進しておられる企業のメンバーからお話しをいただき、「ファインバブル技術が新産業としての地位を確立していくための課題など」について議論します。  ファインバブル装置メーカーだけでなく、ファインバブル活用側の企業の皆様にもご参加いただきたいと思います。

会    期   :  2015年 8月24日(月) 14:30~18:00

会    場   :  KGU関内メディアセンター

問い合わせ  :  (公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)

            経営支援部 技術支援課   TEL:045-225-3733

http://www.idec.or.jp/seminar/detail.php?pid=687

 

IoT Technology 2015/IoT総合技術展  初の開催!

本格的なIoT時代を迎え、人やデータ・モノ・プロセスといったすべてが関連性をもつことで新しいビジネスビジョンが創造され始めました。IoT Technology2015は、その核となる組込みシステムの総合技術展Embedded Technology 2015と連動し、IoTの最新ソリューションを体感できる展示会として展開いたします。

会期 :  2015年 11月18日(水)~20日(金)
       10:00~17:00 ※19日(木)は18:00まで

会場   :  パシフィコ横浜

主催  :  一般社団法人 組み込みシステム技術協会

http://www.jasa.or.jp/iot/top.html

 

 横浜中小企業技術相談事業(技術アドバイザー相談)

 IDECに登録している 「技術アドバイザー」 が、貴社の技術的な課題の相談に応じるとともに、適切なアドバイスを行います。 製造現場でお困りのことや、新製品・新技術開発における技術的な諸問題の解決に、本事業をぜひご活用ください。横浜市の 「中小製造業設備投資等助成」 申請に関する省エネ相談にも対応しています。

 http://www.idec.or.jp/gijutsu/soudan/

 

ハマあきんどネットワーク事業 第4回「地域に愛される商い」セミナー開催します

 横浜市では、個店経営者や創業予定者たちが、各店の魅力アップやスキルアップを目指す中で参加者同士の交流を促進し、地域や業種、商店街の枠を超えた横の繋がりのネットワークを構築して、今後の取組みへ活かしてもらうことを目的とした事業の一環として、中小企業診断士の片岡由美氏の監修のもと、平成26年度は全5回の実施を予定しています。

  開催日時:平成27年1月15日(木)18:30~21:00

  1.講演 「 人を魅きつける店舗ディスプレイ術 」
  2.パネルディスカッション「地域に愛される商い」
  3.交 流 会 (名 刺 交 換 会 ) … 自 由 参 加です。

  開催場所: 横浜市開港記念会館2階 6号室

  定  員 : 50名(申込先着順)】

  対象者 : 商店主、事業主、創業希望者・予定者

  ※可能な方は、セミナーで使用する自分の店舗内外の写真をご持参ください。

  申込締切:平成27年1月13日(火)

 【申請期間】  9月1日(月) から9月19日(金)午後5時まで  
 【申請方法】  所定の申請書に必要書類を添えて経済局ものづくり支援課まで持参
 【募集案内・申請書の入手方法】 下記URLからダウンロードください。                    http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/hanro26.html

  積極的にご参加ください。  http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shogyo/syouten/hamaakindo270115.html

 

中小企業支援コンシェルジュ事業 スタート

平成26年7月より、さらに一歩踏み込んだ販売・企画戦略、広報戦略の提案と助言を行うビジネスコンサルティングを開始し、更なる中小企業への支援体制強化を図ります。
このビジネスコンサルティングは、多くの中小企業が最大の経営課題として抱える「販路開拓」を中心に、販売・企画戦略、広報戦略について経験豊富なマネージャーが中心となりIDECの職員と支援チームを組んで、課題解決に向けたサポートを行います。
個別企業の売上アップなど具体的な成果につながる支援を通じて、中小企業の成長を実質的に後押しし、横浜経済の活性化を図っていきます。

http://www.idec.or.jp/keiei/concierge/index.php

横浜観光情報

2014年7月14日
夏休みのお勧めイベント&親子で楽しむ体験プログラム特集2014
盛りだくさんの内容で大人からお子様まで楽しい夏休みの思い出が作れます。

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/hottopics/2014/04.html

2014年7月 横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任

(公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)において、市内中小企業者を対象に外国出願費用の一部を助成します。
当事務所の弁理士 渡部仁は、2014年7月 横浜市中小企業外国出願支援事業審査委員(第5期)に就任いたしました。

平成26年度 横浜市知的財産活用支援のご案内
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/tizai/pdf/h26chizaikatuyoushien.pdf#page=6

横浜知財みらい企業支援事業

横浜市の知的財産戦略ビジョン

横浜市は、経営に貢献する知的財産活動に積極的に取り組む企業の支援を通じて、独自の技術やサービスを活かし、付加価値が高く、国際競争力のある新技術・新製品等を次々と創造する企業を育成し、横浜経済のさらなる活性化を図るため、支援事業を行っています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/tizai/mirai/

2013年度 共創オープンフォーラムヨコハマ開催

2013年度共創オープンフォーラムヨコハマ開催 : 市民や企業、国など、多様な主体との連携により、立場を超えた対等な対話・コミュニケーションを行い、異なる価値観、立場、考え方をぶつけ合いながら新しいイノベーションを創出しているヨコハマ。

民間の皆様の中でも、様々な主体の連携により、新しい事業・取組み、イノベーションが数多く生まれています。

今回のフォーラムでは、このようなイノベーションを生み出すことを「共創」と捉え、そこに向けどういった対話・コミュニケーションがされたのか、さらに新しいイノベーションを創発するため、どういった対話の場づくりが必要なのかなどについて議論し、「共創」を通じた未来について考え、今後のアクションにつなげたいと考えています。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kyoso/forum/20131218.html

ガチでうまい横浜の商店街丼ものNO.1

横浜市経済局 商業振興課の後援事業 「ガチでうまい横浜の商店街丼ものNO.1」

横浜市経済局商業振興課の後援事業、略して「ガチ丼!」(主催:一般社団法人横浜市商店街総連合会)の決勝ラウンドが10月19日に開催され、各賞受賞9点が決定しました。

12月8日(日)「ガチ丼!」の表彰式を後援団体である「大日本プロレス」の横浜ラジアントホール大会のリング上で開催します。

http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h25/251128syogyo.html

横浜市ニュース