利益の独占に直接貢献するIoTは特許で守る必要があります。

今最も注目されている技術のひとつ

IoT

最近よく耳にする「IoT」、「Internet of Things」の略で「モノのインターネット」といわれています。パソコンやスマホなどの情報通信機器だけではなく、自動車や家電などの機械や、ドア、窓、机、植物、動物など、あらゆる「モノ」がインターネットとつながることで、生活やビジネスが大きく変化するものです。

IoTは、あらゆるモノの状態をコンピュータで分析することで、今までできなかった新しいサービスを実現することを狙いとしています。新しいサービスといっても、今までの生活がちょっと便利になるとか、今までよりも少し価格が安くなるという程度の、単なる「進歩」ではありません。IoTで目指すところは「イノベーション(革新)」。ちょっと便利、安いではなく、衝撃が走るほど便利、安いというレベル=「イノベーション」を実現できる技術として注目を集めています。

IoTの仕組みはとてもシンプルです。
どのようなモノにセンサーを取り付けるのか、クラウドでどのように情報を分析するかが技術の中心となります。
もちろんIoTも技術の一つですから、特許で保護することができます。

IoTとは

特許の対象、ずばり技術的なアイデア

IoT特許雨は従来の特許活動とは異なります

IoT特許は、従来の特許活用の目的と異なることを知っておく必要があります。
IoTのイノベーションは、価格面でいえば、1/100にもなる衝撃を生み出すものもあります。

従来の特許活用と違い、利益の独占に直接貢献するといえます。

従来の特許とIoT特許の違い

そしてIoT特許が大きく動き始めました。
2016年11月14日「IoT」の特許分類が新設されたことが特許庁から発表されました。

特許分類とは、特許文献を効率的に検索するための分類のことです。
これまでIoTの技術には特許分類が設定されておらず、J-PlatPatにおいて、IoTの技術だけを検索することができませんでした。
今回の新設により、IoTの特許文献を網羅的に検索することができるようになります。IoTの特許分類を指定し検索を行うと、IoTの特許文献を対象に絞り込みをかけて検索を行うことができるのです。
特許分類の新設で特許庁が「世界に先駆けて新設」と銘打っているほど、革新的なことで、今後ますますIoT特許出願が盛んになっていくことが予想されます。

IoTの仕組みはシンプル、でも特許取得は難関。

壁は「新規性」・「進歩性」という特許要件

利益の独占に直接貢献する可能性のあるIoT特許ですが、特許の取得は簡単ではありません。
IoTに関しては、仕組みがシンプルなだけにバリエーションが少なく、特許要件のうち特に「新規性」「進歩性」が壁となることが想定されます。
審査基準は、IoTに特化した新規性・進歩性の判断について次の点が述べられていることがポイントです。

新規性と進歩性とは

特許要件をクリアすることと、特許の広さはトレードオフの関係です。

ITへの深い専門知識と戦略的な視点が必要

事務所ご案内

将星国際特許事務所

ITに高い専門性を有した当事務所なら貴社サービスの特徴を理解しIIoT特許取得へつなげます。

当事務所は、情報処理、通信、電子・電気、制御を主力の技術分野とする、ソフトウェア、ビジネスモデル、ネットワーク等のITに高い専門性を有した国内でも数少ない事務所です。
「ITの専門知識」と「審査の仕組み」を知る当事務所で、特許庁の判断を考慮した着目によって取得の可能性を広げます。

事業においては、特許を取得すること自体が目的ではなく、特許を取得・活用することで最終的に事業の利益を向上させることが目指すべき本来の目的です。IoT特許を検討する場合は、まず、どこが特許の対象になるのか、というターゲットを絞り込むことが重要です。

当事務所では、貴社の事業内容及び貴社がターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。
目指す目的に対し「戦略」をもって臨む、それが当事務所の最大の特徴です。

事務所概要

20年後まで安心。ワンストップでサービスを提供できる事務所です。
特許の権利は20年間。20年後、あなたの事業はどうなっているでしょか。技術は日々進歩して行きます。IoT特許を足がかりに、これからの技術は「ビックデータ」「AI(人工知能)」の技術へと発展していきます。「ビッグデータ」や「AI(人工知能)」もお任せください。
私たちは、20年後も御社の事業が安心して推進できるよう、技術革新の一歩先を見据えて、貴社が必要とする次の一手をアドバイスしていくことができるパートナーであり続けます。

アクセスマップ
事務所 将星国際特許事務所
設 立 2009年1月19日
代表者 弁理士 渡部 仁(登録番号:15515)
所在地 〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-9 鎌工会館ビル202号
電話番号 0467-73-8540
FAX 0467-73-8541
当事務所の実績
  • ・高い専門性と1,500件を超える特許出願の実務経験
  • ・400件を超えるアイデア発掘の支援
  • ・数々の強い特許を権利化(特許第4896258号,特許第5295462号 等)
  • ・企業において特許を取得、活用する基盤作りの支援

●IoT特許の講演

2016年10月
神奈川県ものづくり技術交流会にて講演を行いました。
ご参加いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

IoTの特許出願について来訪によりご相談いただいた方限定で小冊子「IoTの特許戦略」を進呈します。

IoT特許出願に関するご相談・お問い合わせは「将星国際特許事務所」

  • 0467-73-8540
  • 24時間受付メールでのご相談・お問い合わせ